社会投資家への道

自分が正しいと信じる「社会投資」を実現していく実践日記

-- --/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事と関連する記事

スポンサーサイト

(-)TB(-)

AFTER「幼老複合施設とは?

BEFORE「ウィリアム王子の被災地訪問、母ダイアナ妃から受け継いだ思いがあった

2015 03/03


img_20c5d458fa8ac8092ec1ad4d79d9422e226910.jpg

3Dプリンターで、なんとジェットエンジンが??

これを技術の革新と見るか?

それとも、とても危険なことと見るか?

犯罪組織が手にしたら、いくらでも悪用可能かも。。。

今後、一般が3Dプリンターを手に入れるのは制限されたりするかも
しれませんね。


【2月26日 AFP】オーストラリアのモナシュ(Monash University)大学の研究チームが26日、3Dプリンターを使って作製したジェットエンジン2基を発表した。大手エンジンメーカー向けに商用展開できる高品質なもので「世界初」だという。

 2基のジェットエンジンは、豪ビクトリア(Victoria)州メルボルン(Melbourne)郊外アバロン(Avalon)で開催中のオーストラリア国際航空ショー(Australian International Airshow)で公開された。モナシュ大の研究者らによると、航空大手のエアバス(Airbus)やボーイング(Boeing)にエンジンを供給する仏航空宇宙大手サフラン(Safran)のガスタービンエンジンの鋳型を使って作製したという。

 同大のイアン・スミス(Ian Smith)氏は、AFPの取材に対し「サフランやエアバスが、3D金属プリンターを使って航空機に使用できる品質の素材を作製できると認めたことは、非常に大きな意味を持つ」と語った。この技術を活用すれば、試作機やカスタム部品をより迅速かつ安価に作れるようになると述べている。(c)AFP







自己資金4万円で家が建つプロジェクト(資料請求)
スポンサーサイト

この記事と関連する記事

(0)TB(0)

AFTER「幼老複合施設とは?

BEFORE「ウィリアム王子の被災地訪問、母ダイアナ妃から受け継いだ思いがあった

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。