社会投資家への道

自分が正しいと信じる「社会投資」を実現していく実践日記

-- --/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事と関連する記事

スポンサーサイト

(-)TB(-)

AFTER「ナポリの住宅街に巨大な穴が出現!! 380人に避難指示

BEFORE「この緑色のマーク、何でしょう?

2015 02/24

人と柔らかく接しながら力仕事を行なう高機能ロボット

移乗、起立補助などの研究用プラットフォーム「ROBEAR」

理化学研究所(理研)理研-住友理工人間共存ロボット連携センター(RSC)ロボット感覚情報研究チームの向井利春チームリーダーらの研究グループ※は、移乗介助や起立補助など、人との柔らかな接触と大きな力が必要とされる動きをロボットで同時に実現するための研究用プラットフォームとして「ROBEAR(ロベア)」を開発しました。

少子高齢化社会を迎えたわが国では、介護者不足が社会問題化しています。介護の現場ではベッドから車椅子への移乗などの重労働により、多くの介護士が腰痛に悩まされており、ロボット技術による負荷の軽減が求められています。



「ROBEAR」の動画!

ロボットの進化はめざましいですね。
介護の負担も軽減されるかもしれませんが、
人でないと出せない温かみも介護や医療には必要だと思います。

あくまでも「補助」用であるべきしょうね。


この方も世界中をめぐりながら、

今後の技術革新を大胆に予測されています。

ちなみに、2014年、彼の予測はかなり当たりました。

無料メルマガはぜひ多くの日本人に読んでいただきたいです!

↓ ↓ ↓ ↓
チャーリーの知恵袋メルマガ
スポンサーサイト

この記事と関連する記事

人と柔らかく接しながら力仕事を行なう高機能ロボット

(0)TB(0)

AFTER「ナポリの住宅街に巨大な穴が出現!! 380人に避難指示

BEFORE「この緑色のマーク、何でしょう?

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。