社会投資家への道

自分が正しいと信じる「社会投資」を実現していく実践日記

-- --/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事と関連する記事

スポンサーサイト

(-)TB(-)

AFTER「この緑色のマーク、何でしょう?

BEFORE「マグロの漁獲量が激減 背景に「巻き網漁」

2015 02/22

宮崎駿に続き高畑勲も安倍首相を批判!「『火垂るの墓』では戦争を止められない」

宮崎駿さんに並ぶ名監督、高畑勲さん。
代表作は「火垂るの墓」です。
涙なしには見られなかった方も多いのでは?



その火垂るの墓が、「反戦には役に立たない」と高畑勲さんが述べられたとのこと。

どういうことかというと・・・

「攻め込まれてひどい目に遭った経験をいくら伝えても、これからの戦争を止める力にはなりにくいのではないか。なぜか。為政者が次なる戦争を始める時は「そういう目に遭わないために戦争をするのだ」と言うに決まっているからです。自衛のための戦争だ、と。惨禍を繰り返したくないという切実な思いを利用し、感情に訴えかけてくる」



「殺されたくない、死にたくない」ではなく、「殺したくない」という気持ちを起こすものでないと反戦は実現できない、という深い認識をお持ちのようです。。


宮崎駿に続き高畑勲も安倍首相を批判!「『火垂るの墓』では戦争を止められない」


戦争のない社会をぜひ実現させたいですよね!
そのための面白い取り組みを説いている方がいます。

~ピラミッド式の競争社会でなく

「球空間」というものを作ろうという

平城寿さんの意気込みは、自分も強く共感しました!

セミナー映像の詳細は→平城寿の成幸発見セミナー

お申し込みはこちら→平城寿の成幸発見セミナー(フォーム直リンク)
スポンサーサイト

この記事と関連する記事

 宮崎駿に続き高畑勲も安倍首相を批判!「『火垂るの墓』では戦争を止められない」

(0)TB(0)

AFTER「この緑色のマーク、何でしょう?

BEFORE「マグロの漁獲量が激減 背景に「巻き網漁」

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。