社会投資家への道

自分が正しいと信じる「社会投資」を実現していく実践日記

-- --/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事と関連する記事

スポンサーサイト

(-)TB(-)

AFTER「乗車券のオークション

BEFORE「タトゥーで世界飢餓を訴えたサッカー選手

2015 02/20

日経平均株価 14年9か月ぶり高値

日経平均株価がITバブル時代以来の高値をつけたそうですね

記事

日経平均株価 14年9か月ぶり高値

19日東京株式市場は、国内企業の業績改善などを背景に買い注文が増えて、日経平均株価は一時1万8300円を超え、取り引き時間中としては平成12年5月以来およそ14年9か月ぶりの高値となりました。

19日の東京株式市場は朝方から買い注文が増え、日経平均株価は午前中に一時120円余り上昇し、1万8300円台まで上昇しました。
取り引き時間中としては「ITバブル」と呼ばれた時期の平成12年5月以来、およそ14年9か月ぶりの高値となりました。
結局、午前の終値は18日より84円56銭高い1万8283円73銭。
東証株価指数=トピックスは8.84上がって1491.51。
午前の出来高は13億4387万株でした。
株価上昇の背景には、決算発表を終え、輸出関連を中心に国内の企業の業績が好調さを維持していることや、去年10月から12月までのGDP=国内総生産が3期ぶりにプラスとなり、海外の投資家の間で日本経済の先行きへ期待感が出ていることなどがあります。
市場関係者は「労使交渉が本格化していることしの春闘で、賃上げの流れが定着すれば、個人消費にもよい影響が出るのではないかという見方も買い注文につながっている」と話しています。



15年前、といえば、株とか相場にほとんど興味がなかった時代。
でも、なぜ今??

記事には国内企業の業績が上がったからと書かれていますが、
それに素直に納得される方がどれだけいらっしゃるでしょうか?

円安の恩恵を受けた企業が少し伸びたから?(トヨタとか)

株価が上がったからといって、必ずしも実経済の実態にあっていないような感じがします。



今の経済をグローバルな視点から見るには最適な情報源はこちら

(簡易版LP)2015年徹底予測メルマガ講座

スポンサーサイト

この記事と関連する記事

日経平均株価 14年9か月ぶり高値

(0)TB(0)

AFTER「乗車券のオークション

BEFORE「タトゥーで世界飢餓を訴えたサッカー選手

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。